RSS

2008北海道ツーリング3日目

津別~屈斜路湖~摩周~鶴居

0803map.jpg

0803g.jpg

今日も朝食は用意していないのでテントを撤収して6:37に出発します。
近くのセイコーマートで朝ごはん、今日はちょっと風が強いかも。

町の中心にある5差路を津別峠方面へ向かいます。

DSCN2113.jpg

しばらくはのどかな風景のなかを走っていると何年かぶりかの知人から電話が。
車も来ないのでしばらくおしゃべりしながら走行。

DSCN2114.jpg

20km位進んで左折する所から峠道が始まります。
いきなりの連続10%越えに朝からヒィ~ヒィ~・・・辛い・・・。
道は整備されていますが北海道にしては狭くて、感じとしては秩父の峠に似ているでしょうか?

DSCN2115.jpg

うが~、き、きつい・・・

途中写真休憩を挟みながらなんとか峠に到着。
が、「展望台左折2km」となっています。
そしてこの展望台への2kmがまたきつい道でした・・・。

息も絶え絶え、どうにか駐車場に到着。

DSCN2132.jpg

展望台へはスロープがあったのでそのまま自転車を押して展望台まで上がります。
屈斜路湖を眺める絶景が広がっていると思っていたら・・・

DSCN2125.jpg

雲、雲、雲、雲 ・・・・
これはこれで見事な雲海ですが、がっかりでした(笑)

DSCN2122.jpg

冷房の効いた売店で冷たい水を飲みながら売店のおばちゃんとしばらく談笑。
「みんな下が晴れているといい眺めだろうと上ってくるけど、そうじゃないんだよね」とのこと。
私の上ってきた津別側は雲もまばらでよく見えるが、弟子屈側は全く見えませんでした。

DSCN2130.jpg

思いっきり疲れたので結構な時間休んでしまいました。
このままいても雲海が消えることもなさそうなので先に進みます。

DSCN2128.jpg

しばらく下ると屈斜路湖と湖に浮かぶ中島が見えてきました。
こらちら側は曇りで今にも雨が降り出しそうな天気です。

DSCN2136.jpg

お昼に「はなこや」というお店でカレーとカニバーガー。
ちょうど良い時間にお昼を食べられるなんて私としてはめずらしい。

DSCN2140.jpg

上の方は思いっきり霧がかかり絶対に見えないと思うが摩周湖へ。

DSCN2145.jpg

長い直線から始まり九十九折を徐々に上っていきます。

DSCN2148.jpg

硫黄山の不気味な姿が見えます。

DSCN2151.jpg

だんだんと霧が濃くなりすぐ先も見えない状態。

DSCN2153.jpg

そんな霧の中から駐車場が見えてきて「第3展望台」へ到着しました。
全く何も見えません・・・(笑)

DSCN2154.jpg

先に進みます。
少し下ると「第1展望台」があります。
こちらは売店などがありパーキングエリアみたいになってますが駐車場が有料です。
「自転車も有料?」と入り口の人に聞くと「無料」とのことで一安心。
当然こちらでも何も見えません・・・。

DSCN2157.jpg

それにしても寒すぎます、外の温度計は15℃を指していました。

DSCN2160.jpg

売店でジャガバターを買って建物の中のベンチでいただきます。

DSCN2159.jpg

下ります。

DSCN2161.jpg

途中上ってくる自転車と遭遇、「ガンバレー」
下りきった先のセイコーマートでコーンポタージュを買います。
まさか8月にホットを買うとは思いませんでした。

摩周駅を抜け、道道~国道274号~道道で鶴居に向かいます。
いつも迷う摩周の町を今回もやっぱり迷いました・・・。

今日2つの山を越えた体にはこの道は辛かったです。
とにかくアップダウンが激しい。
北海道の丘陵地帯でひたすらアップダウン、ずっとアップダウン・・・。

DSCN2162.jpg

ヘロへロになりながら鶴居村に18:00に到着。
飯屋はどこも閉まっているので、村唯一のスーパーで夕飯を買うがこの時間じゃほとんど残っていない・・・。
アンパンやジャムパンを何点か買って鶴居キャンプ場へ。

このキャンプ場はもう何度も利用しているお気に入りの1つです。
今日はずいぶん混んでいるので、一番奥まで行きます。
池の周りで流れ込む水音がうるさく、虫が多そうですが仕方ありません。

DSCN2173.jpg

テントを張って、川向こうの宿泊施設にある温泉に行きます。
午前中の晴天で肌が焼けてヒリヒリする。
露天風呂でのんびり至福の時を過ごす(笑)

大広間の休憩室でオリンピックと天気予報を見る。
週間予報ではこの先あまり天気は良くなさそうだ。

テントに戻ってパンを食べながらルートを再検討することにする。
予定では釧路に寄って海沿いをしばらく走り、内陸に入って峠を越えて本別町まで行く予定でした。
しかしこのルート内陸に入ると本別町までエスケープルートが無く走りきらないとならない。
途中大雨になり走れなくなったら、いや走りたくなくなったら途方にくれてしまう(笑)

明日以降の天気、ルートも考慮にいれてちょっと遠いが忠類のキャンプ場を目指すことにします。
釧路から海沿いをずっと走るので比較的平坦な道が多いだろうというのと、
途中までは国道で鉄道沿いなので町も多く、民宿くらいはあるだろうという考えです。
雨が激しくなったら電車で輪行して帯広までワープするのもありかなと・・・(笑)
天候が悪ければ途中で終了して、もちそうならば忠類まで向かおうと思います。

今日も疲れました、おやすみなさい。


本日の走行距離: 131.79km
      最高速: 55.2km/h
     平均速度: 16.1km/h
     走行時間: 8:07:49
スポンサーサイト
コメント
424: by ばんじー on 2008/08/23 at 16:31:35 (コメント編集)

お帰りなさい!
しばらく見ないうちにアップされてました(汗)
このあたりは10年くらい前に車で走りました。
確かに車で上ってもすごい坂でした。
天気が悪くて残念でしたね。

425: by taka on 2008/08/23 at 16:55:54 (コメント編集)

ばんじーさん、無事帰ってきました。

この辺は10年前とあまり変わっていないのではないかと思います。
摩周は何回か登ってますがいつも霧なんで諦めていますが、津別峠はちょっと心残りです。
今のところもう一回登る気持ちにはなれていません。
時間をかけて苦しかったのを忘れたいと思います(笑)

426: by のむ on 2008/08/23 at 17:00:43 (コメント編集)

こんにちは。
この日はかなりきついヒルクライムだったんですね~。
重い荷物を付けた上りがどんな感じか、体験してみたいような
みたくないような・・・(笑)。
というか、こうやって荷物を付けていると下りも怖そうですね。

427: by taka on 2008/08/24 at 00:10:47 (コメント編集)

のむさん、こんばんは。

やっぱり後ろから引っ張られる感じで全然上らないですね。
下りは直線はあまり変らないですがコーナーでは遠心力で
荷物が振られてリアがあとから付いてくるような感じがあります。
パニアバッグ付けてそこまでスピード出すなっていうのもありますが・・・。
実際はかさばる物ばかりで見た目ほど重くは無いです(笑)

428: by しのっち on 2008/08/24 at 01:42:10

さすが霧の摩周湖ですね!(笑)
あの雲海も残念でしたが、自分にはある意味この雲海もすばらしい光景にも見えます。
それにしてもあの直線の登り坂、自分は写真を見ただけで走る気になれません・・・(汗)
さすがtakaさんです。
そして何よりカニバーガー!(笑)
カニクリームコロッケみたいなのが挟まってるんですか?
北海道は御当地バーガーみたいなのがたくさんありますね。

429: by taka on 2008/08/24 at 02:17:19 (コメント編集)

しのっちさん

いや、確かにあの雲海も見事な景色でした。
途中から雲がではじめてちょっと嫌な予感はしたんですが、
湖の景色が見えるとばかり思って上っていたので反動がありすぎて・・・(笑)
北海道の直線上りは勾配よりもその長さが嫌になりますね・・・。
直線上りがあれば直線下りもあるのでそれは楽しいんですが(笑)

カニバーガーは「蟹のすり身揚げカツ」みたいなのが挟まっていました。
このメニューを見たときしのっちさんが喜びそうだなって思いました(笑)

430: by sakakaze on 2008/08/24 at 19:53:02 (コメント編集)

おとといあたりの昼休みに、北海道の気温が1.5度?まで下がったというニュースを見ました。時期を遅らせたら危なかったですね。

431: by taka on 2008/08/24 at 21:13:03 (コメント編集)

sakakazeさん

8月の最低気温を更新したとか。
そこまで下がらなくてもかなり寒い思いをしたかもしれません。
私のシュラフは軽量を重視して夏用で最低使用温度8℃までのものです。
これにシュラフカバーを加えても辛かったと思います・・・。

けど今年位が本来の北海道のような気がします。

▼このエントリーにコメントを残す

   

SURLY Pacer

http://surlpac.blog50.fc2.com/blog-entry-123.html

LOOK566

http://surlpac.blog50.fc2.com/blog-entry-123.html

プロフィール

taka

Author:taka
自転車の話題をいろいろ書いていきたいと思います。1年を通じてサイクリング、夏休みはペイサーで北海道キャンプツーリングに行ってます。






最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索