RSS

紅葉サイクリング

奥多摩湖~柳沢峠~上日川峠~大月~松姫峠~奥多摩湖と周ってきました。

DSCN2526.jpg

自宅から走り出すと200kmを越えるコースに悩みます。
途中でキャンプをしようかと思いましたが急激な冷え込みのため
手持ちの夏用シュラフではたとえ2枚重ねでも凍死の可能性が(笑)
奥多摩湖の「水と緑のふれあい館」まで車で行きそこからスタートすることとしました。

DSCN2637.jpg
DSCN2638.jpg
7時50分出発。
相変わらず遅いです・・・。

DSCN2499.jpg

ひんやりした中、けど朝日を後ろから浴びて背中はポカポカします。

DSCN2500.jpg
それに全くの無風。湖面が鏡のように山々を映し出しています。

DSCN2502.jpg

しばらくはまだまだ緑の多い中を進みます。

DSCN2506.jpg

丹波山村を過ぎ、川も丹波川から一の瀬川に代り丹波渓谷に入ると黄や赤の景色が目立ってきます。

DSCN2513.jpg
途中クラシックロードに乗った方と挨拶を交わします。
お互い写真を撮りながら走っているので何度も抜いたり抜かれたりを繰り返します(笑)
気に入った景色があれば停車して写真を撮ったり、ゆっくり眺めることが出来るのは自転車だけの特権だと思いました。

DSCN2514.jpg
流れる風景しか見ることの出来ないオートバイや自動車はかわいそうだなと上り坂の辛さを紛らわせます(笑)

DSCN2530.jpg
朝はジャムパン1個しか食べていなかったので途中廃屋の前で持ってきたピーナッツパンを食べます。
天気が良くて気持ちがいいな~・・・。

橋の上では周りが開けて秩父の山々(?)が見渡せました。

DSCN2537.jpg
しばらく進むと上り坂が途切れて柳沢峠に着いたことが分かりました。

DSCN2531.jpg
何も標識がなくちょっとがっかりして少し下った峠の茶屋に行くと絶景が待ってました。

DSCN2550.jpg

ここで食事をすれば良かったんですが外から見た値段に納得がいかずスルー。
後になって失敗に気づきます。

DSCN2555.jpg
下ります。
その途中でも富士山が良く見えました。

DSCN2557.jpg

そして大菩薩峠方面へ。

DSCN2560.jpg

前半部分はきつい勾配が続きます。

DSCN2561.jpg

ゆっくり走れと言われなくてもスピード出ませんから(笑)

DSCN2564.jpg

自分の中では結構上ったと思っていたんですが、コーナーをクリアすると更に山が。
そこには九十九折りの道も確認できます・・・。

DSCN2568.jpg左の写真の四角く囲んだ部分のアップが右の写真です

ひたすら漕いでなんとか写真の所まで到着。

DSCN2578.jpg

もう頂上に辿り着いた勢いでしたが、コーナーをクリアすると更に山が・・・。

DSCN2592.jpg

2度のトラップに引っかかり精神的ダメージに加え、朝からパン2個しか食べていないことが響いて力がでません。

DSCN2583.jpg
頭の中はご飯のことだけ、ヘロへロな状態で上ります。

DSCN2582.jpg

駐車している車が現れ登山道入り口に到着か?いやいやまたトラップかもしれない。
そこに到着して頂上を確認します。

上日川峠に到着しました、苦しかった・・・。

DSCN2600.jpg

登山客がいっぱいです。ここは大菩薩峠の登山道入り口になっています。
峠までは約2時間、江戸時代は青梅街道の最大の難所だったそうです。
HPをチェックすると自転車で大菩薩峠を小菅に抜けた人もいるみたいです・・・。

「ロッヂ長兵衛」があり食事ができたのはラッキーでした。
そばとおにぎりx2を注文します。
出来上がりまで待っていられず、外でコンテナに入って売られていた「朝取りりんご」を頂きます。
これが甘酸っぱくてものすごく美味しい。
出てきた食事を一気に平らげてようやく落ち着きました(笑)

DSCN2594.jpg
下ります。
ジッとしていればこの標高でも暖かいくらいですが、汗で濡れた衣服が冷たい。
途中上日川ダムに寄ってみます。

DSCN2605.jpg
特に見るべきものもなく先に進みます。
「道の駅甲斐大和」まで一気に下ります。
長野600の時に寄った道の駅で懐かしい。
本当はこの後は笹子トンネルを回避して笹子峠を通り大月まで行く予定でしたが、
上日川峠まで時間がかかりすぎてしまったので今回はパスします。

で、笹子トンネルです。

DSCN2606.jpg

難無くクリアー。

この先は大月までずっと下りです。
沼津400の富士見峠からの下りに似ていますが、こっちは信号がほとんどありません。

3時半頃に国道139で松姫峠を目指します。

DSCN2607.jpg

この時は峠を越えた先の小菅村まで2時間くらいだろうとなんとなく思っていましたが甘かったです。
山の陰で日が当たらなくなってきましたがまだ明るい中進みます。

DSCN2615.jpg
4時半頃に深城ダムに到着。

DSCN2617.jpg

手ブレで写真が撮りにくくなってきました・・・。
ここでも湖面が鏡のよう、今日はずっと無風でした。

DSCN2623.jpg

ループしている道を下からと、トンネルの上の道から。

DSCN2627.jpg
いよいよ暗くなってきてライトを点けます。
まだまだ峠が見えません。
いや、それどころか遥か上の方に車のライトが見えます・・・。

まじかよ~・・・。

抜いていった車がしばらくすると頭上をこんどは逆に走っていき、
まだまだ、九十九折りが続いているのが分かります。
ダムから峠までそんなに距離があったっけ~?

泣きそうです・・・。

側溝をガサガサと枯葉をかき分けて何かが移動していたりします・・・。
永遠に続くかと思われた九十九折りの道ですが、
走り屋風のRX-7が心地良い排気音を響かせて抜いていくと戻ってきません。

もしや・・・、松姫峠に到着しました。

DSCN2628.jpg

ハンディライトで辺りを照らして峠の碑を探して記念写真を撮ります。
画像はライトを照らしているのと明るさの調整をしています、本当は真っ暗です。

DSCN2631.jpg
それでももうフラフラなので一休み。

キュイーーーーン、キュイーーーーン

・・・・・
何かの生きものの叫びが山に響きました。鳥?けど獣っぽいな・・・。
イメージはプレデターの雄叫びそのものです(笑)

真っ暗な中、路面に注意しながらなるべく急いで下ります。
かなり下ってようやく下の方に小菅村の街灯が見えたときは嬉しかったです(笑)
日中のダウンヒルはしばらく走っていると太陽で濡れた衣服も乾きましたが、
夜はただ寒いだけです。

頭の中は「ラーメン食べたい」でいっぱいです(笑)
最初に現れた自販機でコーンポタージュを購入、全然温まりません。

DSCN2634.jpg
小菅村でラーメン屋は・・・ありませんでした。

ようやく深山橋まで戻ってきました。
朝走った道を戻り駐車場へ到着。

DSCN2640.jpg

当然帰りはラーメンを食べて帰りました。
走行時間の割にはあまり距離は走っていませんが疲れました。


本日の走行距離:143.32km
スポンサーサイト
コメント
500: by おいちゃん on 2008/11/03 at 19:53:50 (コメント編集)

気持ちよいサイクリングをされたようで写真を見てるだけでも伝わってきます。
柳沢峠からの富士山、あんなのめったに見れないと思います。少なくともわたしは見てないし・・・。そういえばあそこでの食べ物ですがわたしは営業していることに感謝ということで食べてます(笑)。
それにしても143Kmといいつつ登って増すねぇ~。

その昔ですが一日かけて柳沢峠まで行き峠の小屋で泊まり翌日裂石まで下り一日かけて大菩薩峠に登りまた泊まり。翌朝大菩薩領見学後、小菅まで転がりながら下り夕方帰宅というサイクリングをした思い出があります。

いつか行ってみたいですが平日で無いと無理そうですね。

501: by taka on 2008/11/03 at 20:26:40 (コメント編集)

おいちゃんさん、こんばんは

もしかして柳沢峠はもう何度も行かれているんですか?
めったに見られない景色に出会えたようで更に得した気分です(笑)
麦とろ飯が1300円だったので止めましたが、食べておけばよかったです・・・。

大菩薩峠を越えている人が身近にいたなんて・・・(笑)
普通に漕いで上って下れるんですか?やっぱり担いで?
登山ブームですごい人でしたよ。とても自転車で行ける雰囲気ではありませんでした・・・。
ミニベロで畳んで背負ってなら大丈夫かな・・・。

502:真っ暗の松姫峠(@@; by noahpon on 2008/11/03 at 22:53:42 (コメント編集)

こんばんは(^^) そちらはもう紅葉のようですね。山岳地帯を140キロも走るなんて…。しかも真っ暗闇の松姫峠なんてとてもとても恐ろしいです(^_^;


takaさんのレポ読んだら今年も私、紅葉狩りしに山に入りたくなってきました(^^) まだ11月下旬に三連休ありますので…。

503: by taka on 2008/11/03 at 23:43:48 (コメント編集)

noahponさん

noahponさんの去年の松姫峠レポートを参考にさせてもらいました(^^)
けど、ダムから先の後半は暗くて景色も見えなくてただ辛いだけでした(笑)
夜の松姫は本当に不気味でした。
峠の下を通りトンネルが完成していたら間違いなく通っていましたね。

504: by のむ on 2008/11/04 at 21:39:10 (コメント編集)

こんにちは。
秋満喫ですね~。写真それぞれに、takaさんの工夫と風情が感じられます。
それにしても、こんなにくっきり富士山が見えるとは驚きです。
(年に数回あるかないかじゃないでしょうか!?)

上日川峠は初めて聞きましたが、なかなか走り応えがありそうですね。
こういうレポを拝見すると行きたくなってしまいます。
さすがに暗くなるまで走るのは真似したくありませんが・・・(笑)。

505: by taka on 2008/11/04 at 22:59:22 (コメント編集)

のむさん

柳沢峠からは普通にいつでも富士山が見られるものだと思っていましたが、
おいちゃんさんも書いているし日の巡りが良かったようで本当に得した気分です(^^)

上日川峠は間違いかもしれません、確かに地図には書いていないんですよね(笑)
私もずっと名無しの峠だと思って「大菩薩峠登山道入り口」と書いていたんですが、
どなたかのHPで「上日川峠」と書いてあり、周辺の地名からもそれで良いのかなっと。

自宅から走って塩山か大月辺りで電車輪行で帰ってくる方が時間的には正解かもしれません。
ただ、輪行って面倒で嫌いなんですよね・・・(笑)
のむさんなら同じコースでももっと早く周れますから暗くなる前に帰れますから大丈夫です(笑)

506: by おいちゃん on 2008/11/05 at 20:25:15 (コメント編集)

大菩薩峠に行ったのは35年前です。
当時は奥多摩から柳沢峠までも未舗装がだいぶありました。そんな道を東京の南部から一日かけて走りました。
そして裂石からは押し半分担ぎ半分だったと思います。舗装路あったかなあ。高校生じゃなきゃ出来ませんね(笑)。

507: by taka on 2008/11/05 at 22:09:33 (コメント編集)

おいちゃんさん

35年前ですか~・・・今とは違う景色だったでしょうね。
立派な橋も架かっていましたが当時は無かったと思いますから少しルートも違うかもしれませんね。
今のおいちゃんさんのすごさの源を少し知ったような気がします(笑)

508: by sakakaze on 2008/11/08 at 00:17:11 (コメント編集)

お疲れ様でした。写真でこれだけ富士山がハッキリ写っているということは、肉眼だとまさに絶景ですね。また富士山が観たくなってきましたw

509: by taka on 2008/11/09 at 19:48:16 (コメント編集)

sakakazeさん

こんなに大きく富士山が見られる場所だと思っていなかったのでちょっと感動でした(^^)
生で見た迫力を写真で伝えられないのが残念です・・・。
sakakazeさんもぜひ肉眼で富士山を見に行ってください!ってこの間見たばかりでしたよね(笑)

511: by ばんじー on 2008/11/12 at 14:26:12 (コメント編集)

紅葉サイクリングは最高ですね!
こちらもソロソロ山に色が付き始めてます。
あまり寒くなる前にリハビリツーリングしたいものです。

ところで今回はハンガーノックとの戦いでしたね。
俺はグリコのCCDって奴を使ってますが、水分とエネルギーが同時に摂れてハンガーノックには効果的ですよ。

512: by taka on 2008/11/12 at 21:37:32 (コメント編集)

ばんじーさん

九州の方はようやくなんですね。無理せずのんびりと紅葉サイクリングを楽しんでください。

地図を見ながらまったくコンビニがないのにヤバイなと感じてはいたんですけどね^_^;
いつもは持っていった食料を残して帰宅することが多いので今回は油断してしまいました。
グリコCCDチェックしてみます、ありがとうございます。

▼このエントリーにコメントを残す

   

SURLY Pacer

http://surlpac.blog50.fc2.com/blog-entry-123.html

LOOK566

http://surlpac.blog50.fc2.com/blog-entry-123.html

プロフィール

taka

Author:taka
自転車の話題をいろいろ書いていきたいと思います。1年を通じてサイクリング、夏休みはペイサーで北海道キャンプツーリングに行ってます。






最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索