RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
688: by しのっち on 2009/08/30 at 21:49:15

「その人達はなぜそこに留まるのか?どういう生活をしているのか?この先の人生は?」
自転車で旅してるとそういうこと考えちゃいますよね。
なんかわかる気がします。
北海道みたいにずっと同じ景色の中を走っていると余計にそうなのかも。
車での旅だったらこんなこと考える余裕はないのかもしれませんね。
自転車万歳!!

芝桜ソフトの絶妙なバランス、ナイスです!(笑)
いい色ですね、美味しそう!!

691: by taka on 2009/08/31 at 00:59:44 (コメント編集)

しのっちさん

先祖代々の土地ということなんでしょうか・・・?
先祖の土地を守っていくというような気持ちが私の中ではないので理解するのは難しいです。
山間部で退屈していたのでなんとなく考え込んじゃったんですよね・・・^_^;

たしかに斜めっていますね(笑)

▼このエントリーにコメントを残す

   

2009 北海道ツーリング 3日目

温根湯~滝上

0903m.jpg

0903g.jpg

7:50出発。

DSC00152.jpg

自転車乗りは朝が早いというがどうしても起きられない。
明るくなる4時頃に一旦は目が覚めるがそこから2度寝、3度寝とうだうだしながらこの時間に(笑)

DSC00154.jpg

今日も快晴。

DSC00159.jpg

国道を留辺蕊方面へ。
遠軽へ向かう道で金華峠を越える。

車庫付き、三面採光のワンルーム型バス停。
これならブルベの仮眠場所としてぐっすり眠れそうです。

DSC00160.jpg

JR石北本線の遠軽駅はめずらしいスイッチバック駅。

街のコープで補給と水2L、おにぎり、パンなどの食料を購入する。
この先は街と街を縦に繋ぐ道のほぼ真ん中を横に横断する道を進む。
そこは地図上では街も村も無くコンビニはもちろん個人販商店も期待出来ない。

この道はどのネット上の地図を見ても途中で途切れている。
しかし、世の中にはいろいろな人がいてこういう未開通道路を走った記録を詳細にUPしているHP発見。
それによると未舗装状態だか開通しているのでこのルートを行くことにしました。

DSC00163.jpg

上原峠を越えて紋別市へ。
なぜか峠の手前に峠の標識があり峠には何もなかったので少し戻って写真撮影^_^;

DSC00165.jpg

下って地図上途切れていて未舗装路の部分へ。
ここも峠越え。

DSC00169.jpg

りっぱな橋が架かっていて橋の上の木陰でお昼休憩。
太陽が真上にあって日陰が少ないのと周りを山に囲まれているので風がほとんど無い。
橋の上は谷間に架かっているので風が通り抜けて少しは涼しい(^.^)

DSC00173.jpg

出発します。
いつ出てくるのかと待ち構えていた未舗装部分ですが結局現れず全線開通していました(^.^)

下ったところで村があったがほとんどの建物は廃墟と化し廃村寸前。
それでも住んでいる人がいて家の前で農作業をしていた。
その人達はなぜそこに留まるのか?どういう生活をしているのか?この先の人生は?
なんでだかそういう疑問が頭を駆け巡って離れなくなってしまった・・・。

もう1回、札中トンネルが峠になっている道を上る。
今回のルートはこの峠で上りはお終いなのでトンネルの手前で休憩、残りの水を全部飲む。
遠軽のコープを出発したときに持っていた水、約3.5Lを全部飲み干した。

危なかった・・・。

下って国道に出て、道の駅香りの里たきのうえで休憩。
今日初のソフトクリーム、芝桜ソフトを頂きます(^.^)

DSC00177.jpg

キャンプ場はもうすぐ目の前。
今日は移動距離が短かったのでまだ16:00です。

道の駅で飲食店マップを手に入れて夕飯の下見に行きます。
が、どこもかしこも閉まっている・・・。

小さい街なのですぐに一回りしてしまい探索終了・・・。
することがなくなってしまいキャンプ場に向かいます。

渓谷公園キャンプ場に到着。
ここはパークゴルフ場に隣接していてテントサイトは物凄く狭くてびっくりした。
いろいろなキャンプ場を利用したが間違いなく断トツに狭い!
小山になっていて平らな部分がさらに狭い!(笑)
キャンプ場というよりはパークゴルフ場の余った芝部分にキャンプしていですよって感じです。
けど炊事場は立派できれい(笑)

DSC00182.jpg

センターハウスで受付を済ます。
熊が出ているので食べ物の処理に関して注意を受ける。

テントサイトにはライダー2人がすでにテントを設営して炊事場で談笑中。
「お疲れさん!」と声をかけられ挨拶を交わす。
この関西の人は一人でずっと喋りまくっていた(笑)

テントを張り終わって私も炊事場へ少し話の輪に加わるが、
関西人のマシンガントークに圧倒される(笑)

涼しくなったので「ホテル渓谷」へ日帰り入浴に。
帰りにコンビニに寄って夕飯を買おうと思っていたが、
ホテルのレストランが以外と良心的な値段だったのでここで食べることに。

DSC00184.jpg

テントに戻るとやっぱり関西人は喋っていた(笑)
声は大きいがそれ以上に疲れていていつの間にか寝てしまった。
23時ごろに一旦目が覚めると関西人はまだ喋っている(笑)

トイレに外に出ると

「俺の声うるさい?」

そんなの気にするタイプじゃないだろうと思うのだが(笑)
まあ、実際気にならずに寝てしまっていたので問題無し。

シャッターで閉まっている奥が受付カウンターで
夜間でもロビーとトイレ部分は開放されている。
人の少ないキャンプ場だから雨だったらここで寝てもいいかもと思う。

DSC00185.jpg

霧や結露が心配なので自転車を炊事場の中に入れさせてもらう。
もう今日は炊事場を利用する人はいないだろうし、
テントは8張り位で少ないので大丈夫だろう。

それにしても今日のルートは北海道らしいが地味だった。

DSC00180.jpg



本日の走行距離:115.92km
スポンサーサイト
コメント
688: by しのっち on 2009/08/30 at 21:49:15

「その人達はなぜそこに留まるのか?どういう生活をしているのか?この先の人生は?」
自転車で旅してるとそういうこと考えちゃいますよね。
なんかわかる気がします。
北海道みたいにずっと同じ景色の中を走っていると余計にそうなのかも。
車での旅だったらこんなこと考える余裕はないのかもしれませんね。
自転車万歳!!

芝桜ソフトの絶妙なバランス、ナイスです!(笑)
いい色ですね、美味しそう!!

691: by taka on 2009/08/31 at 00:59:44 (コメント編集)

しのっちさん

先祖代々の土地ということなんでしょうか・・・?
先祖の土地を守っていくというような気持ちが私の中ではないので理解するのは難しいです。
山間部で退屈していたのでなんとなく考え込んじゃったんですよね・・・^_^;

たしかに斜めっていますね(笑)

▼このエントリーにコメントを残す

   

SURLY Pacer

http://surlpac.blog50.fc2.com/blog-entry-123.html

LOOK566

http://surlpac.blog50.fc2.com/blog-entry-123.html

プロフィール

taka

Author:taka
自転車の話題をいろいろ書いていきたいと思います。1年を通じてサイクリング、夏休みはペイサーで北海道キャンプツーリング、長距離競技のブルベを走っています。






最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。