RSS

長野600km試走

長野600kmの一部を試走してきました。

DSCN1318.jpg

区間は富士見峠~メルヘン街道を通りまた富士見峠に戻ってくる部分です。
下見ということでは沼津から先を確認しておきたいのですが、
私の場合長野の峠を時間内にクリアしてその先に辿り着けるか
分かりませんのでどの位の時間がかかるかみておきたいと思います。

朝5時に家を出て中央道で小渕沢まで行き、
富士見峠の先のパーキングに車を停め8時にスタートします。

走り出してすぐにサイコンの表示が付いたり消えたりして調子が悪い。
メモリーが消えることはありませんでしたがなんだか嫌な感じ・・・。

DSCN1304.jpg

R20を下って麦草峠へ向かいます。
はじめは勾配は緩いですがだんだんきつくなります。

DSCN1305.jpg

周りの雑木林が邪魔で景色があまり見えません。
上り坂しか目に入らないので淡々と上ります。それにしてもキツイ・・・。

DSCN1309.jpg

ゼェー、ゼェー、ゲホッ、ゲホッ・・・ウェー・・・気持ち悪い・・・(笑)

こんな上り坂でも睡魔で眠くなってきます・・・。
頬を叩いたり、つねったりするが効果なし。
蛇行しながら居眠り運転、でもちゃんと自転車漕いでます(笑)

初めての2000m超え、そして最高地点に到達。

DSCN1310.jpg

今日は天気も良くかなり暑いですが自転車を降りるとちょっと肌寒いです。
特に見るべきものもなくアームカバーをつけて下ります。
下りの最初の部分は勾配がきつく、路面も悪く、
ヘアピンカーブが連続しますのでコーナー手前でしっかり減速します。
コーナー手前で更に勾配がきつくなったり、出口付近のRが入り口よりきつくなったりしています。
日中だから路面も周りも良く見えましたが、街灯もない夜間は十分な注意が必要でしょう。
本番では上りの遅れを取り戻したいところですが、安全第一でいった方がいいでしょう。

DSCN1325.jpg

ちょうどお昼だったので途中のお店で昼食にします。

DSCN1319.jpg

デザートに山ぶどうジュースとソフトクリームをいただきすが、

DSCN1321.jpg

北海道で舌が肥えてしまいソフトクリームはちょっといまいちでした(笑)
この後長時間のダウンヒルを楽しみながら一気に下界まで行きます。

DSCN1315.jpg

R141は路肩も狭くちょっと走りにくいですが、左折してR254との重複区間に入ると良くなりました。
追い風も手伝って田園風景の中を快適に走ります。

DSCN1331.jpg

キューシートの34番の交差点名は「芦田宿入口」となっていますが、
そのような標識は見つかりませんでした。(単に見落としただけかもしれませんが・・・)
(追記:キューシートが修正されていました)
松並木の名称が目立っていて、R254の標識が小さくありました。
ここまではR142とR254の重複区間で標識も2つ付いていましたが、
この先はR142であるため標識が1つになっています。

DSCN1334.jpg

この先名も無いちょっとした峠があるのですが、
ここの下りでこれまでの私の最高速59.9km/hをマークしました。
あと少しで60km/hということで姿勢を低くしてがんばりましたが無理でした(笑)

DSCN1335.jpg

R152との突き当りを右ですがちょっと注意です。
キューシート35番の交差点名「依田窪病院入口」ですが
こちらから見る交差点名は「有坂」となっています。
最初ルートを間違えたかと思いましたが横切っている道路から
見る交差点名は「依田窪病院入口」となっています。
1つの交差点に名前が2つですごく紛らわしいです(笑)
(追記:こちらもキューシートが修正されていました)

この先ジワジワ体感できないくらいの勾配で上り始め、
気づいた時にはだらだらの直線上りでした。
この辺は温泉街で旅館に泊まってしまいたい気分になります。
ブルベ本番の通過時間は夜になると思いますので更にその誘惑は強まるでしょう(笑)

どうにかこうにか三才山トンネルの料金所に到着。

DSCN1337.jpg

トイレのみだがパーキングがありそこのベンチで一休み、ちょっとうたた寝。

普通に車の列に並び料金所を通過します。
三才山トンネルはすごく怖かったです(笑)
有料道路ですから当然歩道は無し。
このトンネルは出口までずっと上りのため全然スピードを出せません。
更に送風機の爆音で車の音がかき消され、オレンジ色の電灯は後ろから来る車のライトの光を見えなくさせます。
道路は中途半端に広く乗用車は車線変更しないでギリギリを抜いていきます。
こういうドライバーは自転車がよろけるかもしれないということを想像しないのだろうか?
トンネル内に3、4箇所ある退避場には必ず入り後ろを確認してから走り出します。 

DSCN1339.jpg

しかしブルベ本番は夜になるので交通量が減りこういう心配は無用かと思います。

なんとかトンネルを脱出。
ここからは路面が良く、コーナーのRは緩いのでほとんどノーブレーキの高速で下ります。
速度は50km/hを下回ることはありませんでした。
ここもブルベ本番では夜間になるのでこれほどのスピードは出せないでしょう。

下りも緩やかになり松本トンネル少し手前のコンビニで休憩。

DSCN1341.jpg

最初はブルベのルートを全部回る予定でしたが疲れました・・・。
この先まだ避けて通れない塩尻峠もありますのでここでショートカットして松本市内を抜けることとします。
またもや目の前に温泉街が現れ吸い込まれそうになります(笑)

DSCN1342.jpg

松本側からは2度目の塩尻峠。

DSCN1345.jpg

沼津400の時より10分ほど早く上れたのが嬉しかったです(笑)
まだまだ交通量が多くトレーラーがギリギリをかすめていきます。

中指を立てて「気をつけろバカヤロー!」

もし私が総理大臣になったら土日祝はトラックの走行を全面禁止させ、
もし破ったらトラック没収とします(笑)

ブルベのコースに戻り諏訪湖を左手に見ながら進みます。

DSCN1346.jpg

ようやくR20に戻ってきました・・・。
富士見峠を上り22時駐車場へ戻りました。

DSCN1347.jpg

そして途中仮眠しながら中央道を走り家に帰ったのは翌朝4時・・・

なにやってんだ俺(笑)

距離よりもずっとハードなサイクリングになってしまいました。

そして絶望を味わいました。

まずは麦草峠を越えたPC3はタイムアウト確実でしょう。
そこまでのPC2までに貯金を作れそうも無いですし。
もしそこをクリアしてもPC4でも時間切れ間違いなし・・・。

きびしいな~・・・。


走行距離:192.45km
スポンサーサイト
コメント
134: by noahpon on 2007/09/16 at 22:55:24 (コメント編集)

takaさん!凄いもの見せていただきました。。。どこかの区間、試走するんじゃないかと今か今かと期待していたのですが、まさか一番見たくて、しかも絶対に見たくなかった区間を試走するなんて(@@;
ものすごく参考になりました。座間から茅野まで貯金をためておかないと信州路は辛そうですね、困った。。すごいもの見てしまったからどうしよう・・このあと沼津→座間も最後にあるし・・・オロオロ。。。今夜はちょっと凹んでおります。

135: by taka on 2007/09/16 at 23:51:09 (コメント編集)

noahponさん、こんばんは。

もう少し早くキューシートが分かれば先週行けたんですが、
1週間前に疲れ切ってしまい自分でも大丈夫なのか心配です(笑)

正確には富士見峠~PC3~麦草峠~PC4をPC3~PC4と考えた場合で時間オーバーでした。
(途中写真撮影、休憩ストップ、昼食ありです)
ですが夜間の下り区間はどの位スピードを出せるか分かりませんがかなり遅くなると考えていますので。
それとこの区間は交差点名、目標物と道路名さえ注意していれば
それほど距離を気にすることなく初見でも迷うこと無く通過できると思います。

noahponさんはすでに沼津600を完走しているではないですか。
私よりも実力があるんですからそんなに凹まないで下さい、あくまでも自分の場合ですから(笑)

ブレーキだけはしっかり整備して行きましょう(笑)

136: by しいちょ on 2007/09/17 at 00:20:24

シュペールランドヌール目指して、本番は頑張ってください。色んな種類の添加剤を準備していくと、エンジンもよく回るかもしれないっすよ(笑)

麦草峠は自転車海苔はもうブックマークですね。

137: by のむ on 2007/09/17 at 21:46:04 (コメント編集)

こんにちは。
沼津600kmに参加されるんですね。
そういえば今年最後の600kmのチャンスですもんね。

麦草峠と三才山トンネル、私はGWに走りましたがもちろん別の日でしたよ(笑)。
これを続けて走ろうっていうんですからすごいコースですね~。
信州の景色を楽しんで・・・と言いたいところですが、ブルベは制限時間が
あるので焦っちゃいますよね。
なによりもまず、天候に恵まれることを願ってます。
事故には十分気をつけて、がんばってきてください!

138: by のむ on 2007/09/17 at 21:48:41 (コメント編集)

あ、すみません。
「沼津600km」じゃなくて「長野600km」ですね(^_^;)。
とにかくがんばってくださ~い!

139:イメージが、 by tictac on 2007/09/18 at 09:23:02

お疲れさまです。いつも由緒正しい試走で参考になります。
三才山トンネル、やばいですね。これは。今、尾灯の追加を決定しました。

あー、全然完走できるイメージが沸きません。。。
楽しく、頑張りましょう。

140: by taka on 2007/09/18 at 21:46:22 (コメント編集)

しいちょさん、こんばんは。

添加剤を色々混ぜすぎて悪くなるなんてことは無いですかね?(笑)

頂上から見える絶景を期待していたのに何も見えず、看板1つだけの素っ気無さ・・・、
あまりにもむごい仕打ちにがっくり来ました(笑)


のむさん、こんばんは。

そうそう、のむさんもこの辺を走っていたのかな?と思いながら走っていました。(詳しく覚えていなかったので)
のむさんの記事を読み返してみるとなんか「楽に走って・・・」みたいなことが書いてあるんですが!(笑)
三才山の読み方も「さんさいやま」じゃないんですね、恥ずかしい思いをしないで済みました(笑)


tictacさん、こんばんは。

私も電池を新品にして望みます。
笹子トンネルもありますし、追突されたらひとたまりもありませんからね。
tictacさんなら普通に完走大丈夫ですよ。
ちなみに私は脳内では2時間残しでゴールしています(現実逃避しないとDNSしちゃいそうで・・・)(笑)

141:参考になりました。ありがとうございます。 by おいちゃん on 2007/09/20 at 00:36:18 (コメント編集)

takaさん、こんばんは。はじめまして。
(本当は宇都宮600Kmでお顔見てます)
一番心配だったところの写真を見せていただきました。
ここまで試走されたのでしたら後はなんとかなるさ走りで行きましょう。
(実は自分に言ってます(笑)。
座間でお会いできますね!

142:素晴らしい参考書 by masa@あぁ、湘南の on 2007/09/20 at 05:50:06

初めまして、
沼津でバイクは拝見しています。
↑のおいちゃんから「素晴らしい参考書」ということで紹介され飛んできました。

まさに素晴らしい参考書です。
が、このタイムアウトとの闘いが見えてくる
試走は見たくなかったような(笑)
ここを暗い中で通過ですもんねぇ…

当日はよろしくお願いいたします。

143: by taka on 2007/09/20 at 22:36:34 (コメント編集)

おいちゃんさん、はじめまして。

ブログ、HPは何度も拝見させてもらっています。
こんな試走レポートでもお役に立ったようで恐縮です。
試走してみて、どの位上れば峠かとか先の見えない精神的な辛さは確かに無くなりました。
けど、それで早く走れる分けではないのですけどね(笑)

お会いできるのを楽しみにしています。


masaさん、はじめまして。

ブログはいつも拝見させてもらってます。
無尽蔵のエネルギーで走り周る様を見て毎回驚愕しております。
素晴らしいなんてとんでもないです、休憩中の写真ばかりで肝心な部分が写ってないような・・・。
タイムアウトは私の基準ですのでmasaさんには当てはまらないと思いますので安心してください。

こちらこそよろしくお願いします。

144: by hiro on 2007/09/21 at 17:47:56

はじめましてhiroと申します
おいちゃんのところからやって来ました
一番心配な所の試走ありがとうございます 参考にさせていただきます できれば明るい時に走りたいですね 僕が走る時は真っ暗で景色見えないだろうななんて思って見ました 
僕もCP6から試走してきました(車ですけど) 良かったら参考にしてください
では明日 宜しくお願いいたします。

▼このエントリーにコメントを残す

   

SURLY Pacer

http://surlpac.blog50.fc2.com/blog-entry-123.html

LOOK566

http://surlpac.blog50.fc2.com/blog-entry-123.html

プロフィール

taka

Author:taka
自転車の話題をいろいろ書いていきたいと思います。1年を通じてサイクリング、夏休みはペイサーで北海道キャンプツーリングに行ってます。






最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索