RSS

長野600km タイムオーバー

全コース走りきるもタイムオーバーとなりました。

6時に水辺公園に到着。
すでに多くの参加者が集まっていました。
今日は天気も良く暑くなりそうです。

DSCN1348.jpg

スタート直後は他の方と集団で走りますが、
上り坂になりすぐに離されて単独走行に。
本当に短い峠ですでに息切れ、自販機で飲み物を買います(笑)

R20に出るとコンビニの前で私設PCがありました(笑)
PBPのジャージを着て飲み物を皆に無料で振舞って応援してくれていました。

しばらく単独で走っていると黄色いインターマックスに追いつかれます。
私の自転車を見て自分のコンセプトに合致しているようでいろいろ質問されてしまいました。
最初は上り坂で話しかけられ余裕ないのにな~と思いながら答えていましたが、
このおしゃべりが意外と良い感じで、気が付いたら楽にいくつもの上りをクリアしていました。

最初のPCまでは100km以上あるので半分くらいの所でコンビニ休憩。
他の方も何人か寄って休んでいます。
ここでhiroさんとお会いしました、「はじめまして、よろしくお願いします」

それにしてもまた午前中だというのにすごく暑い。

DSCN1351.jpg

登りがきつくなり恐怖の笹子トンネルへ。

DSCN1353.jpg

路肩なし、路面の端は荒れていてすごく走りにくい。
トンネルを抜け道の駅甲斐大和へ寄り顔を洗い腕に水をかけて冷やす。

勝沼を過ぎると梨、ぶどう園が道路沿いにあり「園内食べ放題」の看板も。
「うぉ~、食いてー!」そんなことを思いながら走っていて
思わず曲がり角を通り過ぎるところでした(笑)

DSCN1354.jpg

PC1に到着。
今回は休みは短時間でと考えていましたが、30分も休んでしまいいきなり挫折(笑)
noahponさんも少し遅れて到着。

DSCN1355.jpg

この先は沼津400で通ったコースですので体力的にはともかく
知っている道ということで精神的な余裕があります。
道の駅はくしゅうで休憩と南アルプス天然水を補充。

DSCN1358.jpg

PC2に到着。
試走時と違いすでに170km走っていてかなり辛いですが、
これから夜の麦草峠に挑みます。

DSCN1360.jpg

標高が上がるにつれて冷えてきました。
そしてここで睡魔が!
後半はずっと反対車線まではみ出しながら蛇行走行していました。
1回かなり意識が遠くなり草むらに突っ込みました。

崖じゃなくて良かったよ・・・。

ヘロヘロになりながら頂上に到着。霧に包まれめちゃくちゃ寒い。
けど眠いまま下りに入るわけにも行かず駐車場の前に倒れこむように横になりました。
一時的にでも眠気を取り除きたかったのですが寒くてなかなか休まらない。

「ア゛ァー、ア゛ァー、ア゛ァー、ア゛ァー」

と聞いたことのない声が近くで聞こえる。
怖い・・・。

しばらくすると鐘の音とともにnoahponさんも到着。

カッパを着込み下りの準備をして先に出発します。
試走したとはいえ道を覚えているわけはなくコーナーに突っ込みそうになります。

突然目の前を鹿が横断!

どわ~!!!

ビックリした・・・。
なんとか無事に下りきりました。

PC3に到着。
うずくまって1時間ほど仮眠をしました。
少し元気が出て出発しますが、全然眠気が取れない。
ここの区間が一番眠くてPC3を出発した後も合計4回も仮眠を取ってしまいました。
おかげでこの後は最後まで一度も眠くなることはありませんでした。
予想通り三才山トンネルは交通量もほとんど無く普通に走れました。
トンネルに到るまでの直線上りでボロボロになるのも経験積みです(笑)

夜が明けてPC4に到着。
ここも途中から沼津400とコースが一緒になるので安心できます。
スタッフに励まされて、薄曇りのなか出発します。

DSCN1362.jpg

涼しくて走りやすい。
松本市内を抜けて霧雨の降る塩尻峠に向かいます。
このくらいの霧雨なら上りの火照った体を冷やしてくれて逆にありがたい。

DSCN1363.jpg

途中諏訪湖で小休止をとり、再び富士見峠を超え一気に次のPCに向かいます。
富士見峠の下りでかなりハイテンションになってきました。

PC5に到着。
軽く補給してハイテンションのまま走り出します。
ずっと向かい風で普段なら疲れないようにセーブしますが、
ガンガン漕いで行きます。
富士川沿いの県道のアップダウンも気合で乗り越えます。
富士川橋を超えると道路の渋滞が始まっていました。

車の横をすり抜けPC6に到着。

ラスト100km!

いよいよ次がゴールです。
残り時間からギリギリ間に合うのではと思い早々に出発します。
海沿いを駆け抜け複雑な市内の道に入っていきます。
道が細く交通量が多いためすり抜けもままならずなかなか進めません。
気ばかり焦ります。
ようやく順調に進むようになりスピードアップだと思ったら上り坂。
それもハンパじゃない直線上り・・・、ここ街中ですよ・・・。

あまかった。

御殿場市ってこういう風になっているだ!知らなかった・・・。
どこかの国の山岳民族が住んでいる場所じゃないんだから勘弁してくれ・・・・。
ちなみに夜、私が走って想像した御殿場市です(笑)

DSCN1364.jpg

R246に出て最初の側道への道をミスコース。
だいぶん手前で曲がってしまい気づかずに進んでいると丹沢湖の看板が・・・。
地図を見てようやくミスコースに気が付きます。
4km位進んじゃっています・・・。
もどって正規のルートに復帰します。
R246は走りにくく時には歩道を走りました。

22時になり、残り約40km。

諦めました。

スタッフにリタイヤの連絡をいれます。
そして再び走り始めます。
ミスコースしているのではと思わせる道を通りR246を回避しながら進みます。

23時になり終了です。

DSCN1367.jpg

キューシート上は574km地点、メーターは598kmでした。

最後までキューシート通りに進みゴール地点を目指します。
座架依橋の交差点でちょうど帰るところのスタッフの方とすれ違います。
遅くまで待っていてもらいありがとうございました。
時間内に戻れずご心配をおかけして本当に申し訳ない気持ちです。

24日午前1時10分、ゴール。

DSCN1370.jpg

ブルベ関係者は誰もいない一人ぼっちのゴールとなりました。

今回、スタッフの方にご迷惑をかけたくないという思いでリタイヤの連絡をしていますが、
リタイヤではなくタイムオーバーと言わせてください。
そうじゃないとすべてが無駄だった感じがして悲しすぎるので・・・。
正直、家に帰った直後はもうブルベなんてやらないと考えていたほど嫌になりました。
今はこの記事を書き、他の方の記事を読み来年こそと思っています(笑)

神奈川~山梨~長野~静岡~神奈川 と壮大なコースでした。


走行距離:631.62km
スポンサーサイト
コメント
146: by おいちゃん on 2007/09/25 at 00:18:15 (コメント編集)

厳しいコースでしたね。
サイクリングというより修行みたいな感じでつらい!って思いました。
でも、それが終わってみるとまた走ろうという気になるから不思議です。
また、どこかでお会いしたいです。

147: by noahpon on 2007/09/25 at 09:44:37 (コメント編集)

お疲れさまでした。麦草峠では得体の知れない猛獣かと思いましたか?(笑) もしあそこでtakaさんが寝ているのを事前に知っていたらもっと恐怖の演出をしていたんですけど(^^)  またよろしくです。

148: by hiro on 2007/09/25 at 11:36:55

お疲れ様でした 
最後まで走りきったのですね 流石です
またお会いしたら宜しくです。

149: by のむ on 2007/09/25 at 18:18:09 (コメント編集)

こんにちは。
600kmお疲れ様でした!
完走しながらタイムオーバーというのは悔しいですね~。
AJ神奈川の掲示板によると参加者の半数がDNFですから、かなり厳しい条件だったのでしょうね。
でもレポを拝見すると、それなりに(?)ブルベを満喫されたようでよかったです。
麦草峠を夜中に越える、というのは驚きました(笑)。

150: by taka on 2007/09/25 at 21:17:16 (コメント編集)

おいちゃんさん

本当に厳しかったですね。
あのコースは意地悪で考えたとしか思えませんでした(笑)
走る前は自転車好き→ブルベ中は大嫌い→走り終わってまた走りたい、本当に不思議です(笑)
また、お会いしましょう。


noahponさん

お疲れ様でした。
鐘の音が近づいてきた時は天子が舞い降りて来たのか、
はたまた百鬼夜行が始まったのかと思い心臓が止まりそうになりました(笑)

また?来年?(笑)


hiroさん

お疲れ様でした。
自分ではどうしようも出来ない状況で残念でしたね。
走っている最中はいろいろな葛藤がありましたがなんとかがんばれました。
またよろしくお願いします。


のむさん。

あそこまでオーバーすると素直に諦めがつきました。
今思うと楽しんでいたんでしょうね、やっぱり。でないと次こそという思いは出てこないと思います。

遅い私だから真夜中の麦草峠だったので、のむさんなら暗くなる前に余裕で通過ですよ(笑)

151: by 藤沢のマサ on 2007/09/27 at 19:44:21 (コメント編集)

ご挨拶できませんでした・・・藤沢のマサ(旧姓デブマサ)です。600キロお疲れ様でした。リタイヤではなく完走は素晴らしいです。私もSURLYです、今後も宜しくお願いします。

152: by taka on 2007/09/27 at 21:17:56 (コメント編集)

藤沢のマサさん、はじめまして。

noahponのブログで存じ上げておりました。
SURLYのコンセプト通り(?)ユルい自転車乗りです(笑)

同じSURLY同士、こちらこそよろしくお願いします。

153:お疲れさまです by masa@あぁ、湘南の on 2007/09/27 at 21:28:28

挨拶できませんでしたが…同じ時間を共有できました。

最後まで走りきった、そのドラマに感動です。
ブルベにはそれぞれのドラマがあって、そこが魅力ですね。
次はきっちり挨拶させてください

154: by taka on 2007/09/28 at 23:11:06 (コメント編集)

masaさん。こんばんは。

私なんぞを気にかけてくださいましてありがとうございます。
masaさんはすごい人ですから見つけてもこちらから声をかけて良いのか躊躇してしまいます(笑)
そんなすごい方と一緒のコースを走ったというだけでも私にとってはちょっと自慢できます。

今後もよろしくお願いします。

▼このエントリーにコメントを残す

   

SURLY Pacer

http://surlpac.blog50.fc2.com/blog-entry-123.html

LOOK566

http://surlpac.blog50.fc2.com/blog-entry-123.html

プロフィール

taka

Author:taka
自転車の話題をいろいろ書いていきたいと思います。1年を通じてサイクリング、夏休みはペイサーで北海道キャンプツーリングに行ってます。






最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索