RSS

BRM426 沼津400完走

神奈川ブルベ沼津400km、天気は悪かったですがなんとか完走しました。

DSCN1706.jpg

400kmはすでに完走していましたが600kmまで少し期間があるのと、
初めて400kmを完走したコースで気に入っていたので参加しました。

スタート時は曇り、夜になると所々雨という予報でした。
降っても小雨程度、上手くいけば雨に遭わないかもと思っていましたがあまかったです。

携帯を忘れて一度家に取りに戻ったりと慌しく出発。
事前に買っておいた補給食のソイジョイとゼリーを忘れたことはPC1で気づきました。

集合場所には8時過ぎに到着。
急いで準備をして受付場所に向かいます。すでに多くの参加者が集まっていました。

DSCN1707.jpg

受付を済ませて他の参加者を探しているとのむさんが到着、今日はよろしくお願いします。
もうブリーフィングは終わっていたようですぐに車検が始まりスタートします。

沼津駅を抜け松林をゆっくり目に走っていたらのむさん、おいちゃんさんにぶち抜かれました。
さすがにゆっくり過ぎかなと思いペースアップします。
信号待ちで追いつきますが、青信号で離されて赤信号で追いつくをしばらく繰り返します。
富士川橋を渡って先の信号待ちで勢い余ってのむさんの前、先頭に出てしまいました。
その後のむさんのプレッシャーを受けならが全力で漕ぐが、当然続かず下がります。
この後はマイペースを心がけてPC1に到着。

DSCN1708.jpg

遅れて集合場所に到着したため朝ごはんを食べていなかったのでここで朝食。
のむさんとおいちゃんさんが先に出発、これ以降会うことはありませんでした。
noahponさんが到着、よろしくお願いします。

先に進みます。
富山橋を渡っているときにサングラスに水滴が付きます。

えっ!

まさか雨?いやいやきっと風で川のしぶきが飛んできたんだろうと思うことにします。
しかしR52に入りしばらく進むと雨が降り始めました。

が~ん・・・

しばらく様子をみますがどんどん強くなってくる。
ちょうど現れた屋根付のバス停に駆け込みます。

DSCN1709.jpg

他の参加者達も緊急避難してきてはレインウェアーを着込んで出て行きます。
私はというと空を見上げながら20分ほど雨宿り(笑)
走ってきたnoahponさんに手を振りますが気づかれませんでした・・・。
小降りになって上だけレインウェアーを着て出発します。
しばらく走るとまた雨が強くなってきたので木の下で停車。

DSCN1710.jpg

レインパンツ、シューズカバーを装着して完全防備。
けど着込んでいるうちに雨が小雨になり日まで出てきます・・・。
そうなると今度は暑くてたまらない。パンツとシューズカバーを脱ぐために停車。
めんどうだが夜の冷え込みを考えると着ているものを濡らしたくは無いのでしようがない。
この後も何度も着たり脱いだりを繰り返し、その都度停車しなければならずなかなか先に進まない感じです。
この時点で去年より早く走ろうという気持ちは無くなって、ゆっくり完走することにしました。

雨のブルベなんて本来なら大きくテンションダウン、リタイヤしようか本気で考えますが、
曇っていればレインウェアーを着ていても蒸れることなく走れる気温のためがんばります。
PC2に到着。

ここはそんなに標高が高くはありませんがすごく寒いです。
わずかに売れ残っていたおにぎりを食べますが、寒さで手がブルブル震えます。
長居は無用と早々に出発します。
走り始めても全然温まらず寒くてたまらない。
停車してレインウェアーを着る時に脱いでいた長袖ジャージを着込みます。
少しは暖かくなり安心していたら今度は雨が激しくなってきてまた停車、シューズカバーを装着します。
R20の交差点でシューズカバーを脱ぎます。

追い風基調の中ゆるい上り坂を走りじわじわと高度を上げていきます。
あまり気温は高くないですが体が火照ってしまっていたので「道の駅はくしゅう」でジェラート休憩。

DSCN1712.jpg

外のベンチで休んでいるとそうじのおばちゃんに「サイクリングですか?天気が悪いから気をつけて」と声をかけてもらう。
もうすぐ富士見峠への本格的な上りに差し掛かるところでまた雨が激しくなってきました。
使っているシューズカバーは実はオートバイ用なのでビンディング部分に
カバーがかかっていてペダルに装着できませんが仕方ありません。
フラットペダル面を使って富士見峠を上ります。
追い風ではありますが去年富士見峠を上ったときよりもずいぶん楽に上れました。

DSCN1714.jpg

路面が濡れているのでスピードをセーブして下ります。
追い風の中諏訪の町なかを進みPC3に到着。

DSCN1715.jpg

入れ替わりでnoahponさんが出発。
この先の塩尻峠にそなえて風をよけて夕飯を食べます。
休んでいる最中にスタッフの方が誰かのDNFの話を電話でしています。
その方にとっては悔しいことでしょうが、またがんばれば良いんです。

先に進みます。
街中は道が悪く、車も多いので神経を使います。
途中、後輪から「カン、カン、カン」と音が聞こえてきます。
リアライトの取り付けが緩んで後輪に接触していました。
危ない危ない、塩尻峠の下りだったらヤバかった。きつく締めて再スタートします。

塩尻峠の入り口に到着。

DSCN1717.jpg

前半区間を上っていると折り返しから帰ってくるブルベライダーとすれ違います。

どんだけ速いんですか?(笑)

大きく手を上げて挨拶を交わします。
この塩尻峠も富士見峠と同じくなんか楽に登れます。
少しは成長したのかな・・・。

峠に到着。写真を撮っていたら1人にパスされます。

DSCN1718.jpg

ここから長い下り区間になります。スピードは出したいが小雨の振る中安全第一で進みます。
雨が強くなってきたので下りきった交差点の歩道橋の下でレインウェアーをフル装備。
ここからPC4までに雨が一旦止んだので脱いで、また強く降ってきたので着ました。
松本市街は非常に交通量が多い時間帯。
雨で路面がテカってサングラスに水滴がついて非常に見難い。
事故を起こさないよう細心の注意を払って走ります。

この辺から戻ってくるブルベライダーが多くなってきます。
田沢の交差点ではnoahponさんが目印のように信号待ちしていました(笑)
PC4に到着。

DSCN1719.jpg

軽く補給と休憩、PCにいたもう1人の方に挨拶して先に進みます。
去年は松本市街が眠くてフラフラ走っていましたが今年はどうだろう・・・。
雨が強くなってきてとうとう本降りになってしまった。
眠気もきたのでコンビニへ避難、15分ほど目をつぶって休憩しました。
いつもの「眠眠打破」ではなく「起起一発」。こっちの方か少し飲みやすいかな・・・。
2本飲み干して先に進みます。

DSCN1723.jpg

松本側の塩尻峠入り口に到着。
ブルベや試走で合わせて4回目になる松本側からの上り。

楽だ・・・。

前回よりスプロケ2枚重いギアで上れます。(スプロケをカスタムしましたがロー3枚は以前と同じです)
ちょっとうれしい気持ちで峠に到着。
諏訪湖側の下りは超~怖かったです。
勾配が急でコーナーもきついためブレーキをずっと握りっぱなしでした。
レイングローブも雨が染みて中が濡れてしまいました。
PC5に到着。

ここには途中雨宿りをしていたnohponさんがいました。
ここでも軽く補給と休憩、nohponさんとこの先の作戦会議(?)をします(笑)
そうしている内に雨が止んできました。(この後もう降ることはありませんでした)

noahponさんが先に出発。
私もゆっくり準備をして、他にいたライダーに挨拶して出発します。
時間も深夜になり一段と寒くなり、吐く息が白いです。

富士見峠に到着。
ここからは大好きな長~い下りです。
眠らないようにガムを2枚噛んで準備よし。
途中で停車していたnoahponさんに追いつき一緒に進みます。
穴山橋を右折した先はアップダウンの繰り返しでちょっと疲れました。
PC6に到着。

残り100kmを前に補給と仮眠をとることにします。
カップ麺の出来上がりを待っている間に少し寝てしまい、
麺は1.5倍、汁は半分になっていました(笑)
3,40分ほど寝たでしょうか・・・、だいぶスッキリしました。
ここでも念のため出発前に起起一発を2本!
足の具合があまり良くないようでnoahponはもう少し休んでいくとの事。
先に出発します。

波高島までの下り基調を順調に進みます。
富士川を渡り、JR身延線沿いを走りますがここもアップダウンがキツイ。
身延駅でトイレ休憩。

DSCN1724.jpg

実は今回初めてパッドにクリームを塗って走ってみました。
それが効いたのかここまではなんとか持ちこたえましたが、さすがにお尻が痛くなってきました。
お尻を左右にずらしながらどうにかラストPCのPC7に到着。

パンとジュースの朝食を頂きます。
とっくにタイムは諦めていたはずでしたが、少しがんばれば去年より早くゴールできそうな時間です。
新たな目標を目指してがんばることにします。

先に進みます。
富士川橋まで戻ってきました。

DSCN1725.jpg

この先はまた交通量が増えてきますが大きな渋滞はなく比較的スムーズに走れました。
海沿いの松林をがんばって走り抜け、沼津に入りあと少しです。

そしてゴール。

DSCN1726.jpg

それにしても今はなんて天気が良いんでしょう・・・。
雨の中このタイムなら、天候がよければもう少し早く走れたと思うと残念です。
スタッフの方が用意してくれていたお菓子を少し食べてからお風呂に行きます。
今回は家から完璧なお風呂セットを持ってきました(笑)
ゴール後のお風呂は気持ちが良いです。

すっきりして戻ってくるとnoahponさんもゴールしていました、お疲れ様でした。
400kmを大きなトラブル無く走破した2人の愛車も一休みです。

DSCN1727.jpg

しばらく話をして帰路につきました。

通常なら雨のブルベはDNSかDNFするところですが、
今回はレインウェアーをフル装備しても暑くなかったのが幸いして完走することが出来ました。
これ以上気温が上がるともう蒸し風呂状態でとても長時間は走れないと思います。
それにいつもの睡魔が今回はそれほど無く自分でも少し驚いています。
「起起一発」が効いたのか、効果的な仮眠がとれたのかは分かりませんが平気でした。
またルートを完璧に記憶していたので走行中にキューシートを見る必要が無かったのも精神的に楽でした。

終わってみれば今回も記憶に残る楽しいブルベでした。

P.S 翌日通勤で自転車に乗ったのですがブレーキのストローク量がすごく広くなっていました。
    PCごとに減っていくブレーキシューを見ていましたが1日たって改めて減り具合に焦りました。


本日の走行距離:406.01km
スポンサーサイト
コメント
330: by sakakaze on 2008/04/29 at 07:20:36 (コメント編集)

完走おめでとうございます。雨ブルベお疲れ様でした。天気予報だと降水確率がそんなに高くはなかったのに。カップラーメンは倒さずにすんで良かったですねw

ところで袋井まで(恵那400も?)試走されたそうですが、次の600kmブルベは静岡に出走予定なのでしょうか?

331: by おいちゃん on 2008/04/29 at 09:01:50 (コメント編集)

富士川の手前、のむさんの快速ライナーでこんにちはでした。その後のtakaさんの引きは速かったです。

峠の”楽だ・・・。”
これってうれしいですねぇ。登れることと上れるようになったんだという気持ち。

ところで雨のブルベにドロヨケ。こんなすばらしい雨具はないと感動でした!

332: by のむ on 2008/04/29 at 10:14:32 (コメント編集)

こんにちは。
遅くなりましたが沼津400kmお疲れ様でした!
今回は天気予報が悪いほうに外れましたね~(追い風は助かりましたが)。
着たり脱いだり忙しかったようですね(笑)。

ゴールの沼津の写真、日が当たっているのが悔しいです(笑)。
私は雨に追いつきながら走ってしまったのかも。
それにしても、しっかりジェラートを食べるのがtakaさんらしいです。
私は走りだすとそういう楽しむ気持ちの余裕がなくなってしまって・・・。

333: by taka on 2008/04/29 at 12:14:38 (コメント編集)

sakakazeさん、ありがとうございます。

降ったり止んだりで、強く降っても10分程度、松本からの帰りはずっと降っていましたが
強くは無かったのでなんとか走り続けられました。
やはりカップ麺は3分が基本です(笑)

静岡の試走は無謀にも去年アルペンルートに出てみようかと思ってしたものです。
新野峠を越えてPC2に時間内に辿りつけそうもないのと、袋井までが遠いので諦めました。
予定通り出た長野600でしたが結果はご覧のとおりでした。

334: by taka on 2008/04/29 at 12:49:49 (コメント編集)

おいちゃんさん、お疲れ様でした。

MTBであの速度は違和感ありありでしたよ(笑)
2週間前に秩父にサイクリングしたときは全然進歩が見られなかったんですけどね・・・

自転車完成直後は泥除けを付けていなかったんですが、
雨上がりのCRで重要性を認識してからは一度もはずしていません。


のむさん、お疲れ様でした。

確かにあの天気の中追い風だったのが救いでした。
たぶんPC6で沼津の天気をチェックしていた時にゴールしたのではないでしょうか?
ちょうと雨雲が東に流れていて「我々がゴールするときはもう晴れているよ」って
noahponさんと話していたんです(笑)

ジェラートは休憩のついでですから・・・(笑)
それにのむさんみたいに速く走れればもっと楽しいだろうなって思っています。

335: by ピラータ on 2008/04/29 at 21:23:54

無事完走おめでとうございます。
メッセンジャーの連中から聞いたことがありますが、雨の日の翌日は、シュー交換をするのが当たり前だそうです。

336: by ばんじー on 2008/04/29 at 21:53:23 (コメント編集)

完走おめでとうございます。
200km以上はまだ未体験ゾーンですが、読んでてワクワクしてきました。

337: by taka on 2008/04/29 at 23:17:50 (コメント編集)

ピラータさん、ありがとうございます。

まだ使用できる範囲なのですぐに交換はちょっともったいないような・・・。
それよりも雨と分かったいたので雨用のシューを装着して行けば良かったかなと思いました。


ばんじーさん、ありがとうございます。

ばんじーさんもこの未体験ゾーンへぜひ!一度入ると抜け出せないですよ(笑)

338: by sakakaze on 2008/04/30 at 08:22:27 (コメント編集)

BRM721アルペンルートですか! あれは(も)ギリギリのブルベでした。でも、去年の長野600も「アルペンルート」と称しても全然おかしくないコースでしたね。笹子、富士見、麦草・・貯金を稼がなくてはならない前半から峠ばっかりなのに炎天下・・ あのときのアフターブルベでDNFのもうひとつの形=時間外完走/認定外完走というものの存在を知り、そして感動しました。ありがとうございました。

339: by F on 2008/04/30 at 08:56:02 (コメント編集)

お疲れ様でした!
いや~こまめに着替えるべきでしたね。濡れた体での走行、ダウンヒルはかなり消耗する事がわかりました。反省多々です。こまめなtakaさんを尊敬しますよ。

340: by taka on 2008/04/30 at 21:11:18 (コメント編集)

sakakazeさん、どうも。

どちらを選んでも地獄のルートだったということですね(笑)

時間外完走という呼び名は良いですね。
記事を書いている時は良い言葉が見つからず「タイムオーバー」と書きましたが
それだと「完走」したという意味が含まれていないので悩みました。
今度機会があれば「時間外完走」って言葉を使わせてもらいます(笑)


Fさん、お疲れ様でした。

服を濡らすと体力消耗はもちろんですが、モチベーションが一気に下がってしまうので・・・。
とくにシューズだけは絶対に濡らさないように心がけました。

341: by しのっち on 2008/05/01 at 19:17:14

お疲れ様でした!&完走おめでとうございます!!
決して好条件ではないにも関わらずの完走。
もう400は敵ではありませんね(笑)
600もがんばってください!!

342: by taka on 2008/05/01 at 21:51:09 (コメント編集)

しのっちさん、ありがとうございます。

帰ってきた早々コメントありがとうございます。
いやいや、まだまだです。去年と全く同じコースだったので精神的な余裕がありなんとか完走できました。

343:お疲れ様でした(^-^) by noahpon on 2008/05/01 at 22:30:22 (コメント編集)

今回は過酷でしたよね。takaさんの雨に対する小まめな対応と雨具のレベルの高さには驚きました。私なんて雨具着た時には結構インナーも濡れてしまい後悔していましたよ。次回の課題として取り組みます!

膝の調子が良ければもう少しコバンザメの如く付いてゆくつもりでしたがダメでした。この次もまたよろしくお願いします。

344: by taka on 2008/05/04 at 22:37:50 (コメント編集)

noahponさん、おつかれさまでした。返信遅れてすいません(^^;

私はただ、雨に濡れて走り続けることが出来ないだけです。
今回は夜が寒かったのでレインウェアーを着ていても苦しくなかったのが幸いしました。
まあ~、けど雨の中はやっぱり走りたくないですね・・・。

私も膝痛を抱えてますので、辛いですよね。
600kmはいかに膝を守りながら走るかも課題ですね。

▼このエントリーにコメントを残す

   

SURLY Pacer

http://surlpac.blog50.fc2.com/blog-entry-123.html

LOOK566

http://surlpac.blog50.fc2.com/blog-entry-123.html

プロフィール

taka

Author:taka
自転車の話題をいろいろ書いていきたいと思います。1年を通じてサイクリング、夏休みはペイサーで北海道キャンプツーリングに行ってます。






最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索